季刊黒猫 2022夏 [ZINE/New] (ENBAN/2022)

’22. 長野県伊那市と杉並区高円寺を永久運動することで、摩擦を生んで摩擦熱でまた転がる「黒猫」. 年に4回「季刊」として刊行される本作、「あれ?また増えてない?」やっぱ増えてる. 永久に行われる将棋くずしのような感覚. 意外と黒猫の面舵・取舵に影響を与えてたり、参加者は参加者で、また読者は読者でこの大後悔時代にヒントとヒントの隙間を行ったり来たりすることで前へ進む力となるような感もあります. 今回からジョニー大蔵大臣師匠・大谷由美子師匠・入船亭扇里師匠・しゃんぺ〜(インジャパン)師匠の四人四様な連載も始まりました. 引き続き何度でも言いたい「なるべく生きていた方が面白いし、そうした方がいい」. [めちゃくちゃ色々ペーパー、冊子に加え今回もレコードがランダムに入ってます!]

参加メンバー(円盤のサイトからのリッピング)↓
「本、紙片集
黒猫が年四回発行する季刊雑誌の2022年夏号
全国各地の様々な黒猫、円盤、その他ゆかりの方々がそれぞれの形で原稿や絵や写真などを連載しています。今回も中古レコード1枚入り。
今号の参加者は
*相澤和典(松本おっとぼけ美術館館主) *喫茶アオツキ(大阪の喫茶店)  *浅田暢夫(福井の写真家)*飯田華子(紙芝居の異才)*石原慧(岡山のパイプ・マニア、バンドマン) *上野茂都(江戸前三味線ポップス師・彫刻家) *ゑでぃ鼓雨磨(ゑでぃまあこん)*黄倉未来(高円寺黒猫店員) *大谷氏(富山のシンガー) *小田晶房(京都hand saw press、なぎ食堂) *数の子ミュージックメイト(身内音楽収集家)*鹿子裕文(福岡の文筆家・編集者) *今野修(山形の映画マニア「骨折映画館」共著者)*坂田律子(DJ、パグタス)*ささやん(神戸のDJ、漫画家?) *佐藤幸雄(うたと演奏など) *スケサク(宮崎の厄介者) *鈴木啓之(アーカイヴァー) *台湾料理ごとう(札幌の台湾料理名店) *タガヤス堂(佐渡島の人気ドーナツ店)*田口史人(黒猫,リクロ舎&円盤) *タナカ(鳥取の良心) *にこみちゃん(高知の小料理屋) *ハロー(広島のシルクスクリーン作家) *半月舎(彦根の古書店). *福田教雄(スウィート・ドリームス・プレス主催) *ブラックキャッツ&おてつだいズー田口、犬風&村岡充ほか―(裏方) *ボギー(福岡ヨコチンレーベル) *マメホコリ工房(大阪の粘菌研究家族) *見汐麻衣(歌手)*MITSUKI(奈良mole music) *村上巨樹(岩手のギタリスト、ミャンマー音楽研究家) *MOLE FACTORY(伊勢市の印刷工房) *安田謙一(神戸のロック漫筆家)*安田幸宏(珍庫唱片、四日市ROOK RECORDS) *湯浅学(文筆家、農家) *よしぎの(仙台の駄菓子屋) *よしのももこ(瀬戸内の豊島で養鶏しながら音楽も) 

今回新たに参加したのが
ジョニー大蔵大臣(水中、それは苦しい)
大谷由美子(Americo、TM超越瞑想)
入船亭扇里(落語家)
しゃんぺ〜(インジャパン)

今回の表紙は、黒猫グループに間借りする映像作家、デザイナーのひらのみやこさんんが作った当店のショップカードが巨大化したものです。地味に見えますがこれがギラギラです」

- JPN: 黒猫 (new) no#
[07/30/2022-30]

[ZINE/お楽しみ袋]
型番 ER00148
販売価格

1,100円(税100円)

購入数

いろいろあるよ

ショップについて

Fart Armer

●レコード、CD、音楽書籍、民芸品などの買取・販売をしております。
珍庫唱片//NGOO
準備室: 〒510-0086 四日市市諏訪栄町14-6 ROOK RECORDS内
[猟場・漁場情報および遊猟・遊漁時間につきましてはTwitter、InstagramなどSNSをご参照下さい]

Blog