季刊黒猫 2020夏 [ZINE/New]

’20. 長野県伊那市を拠点に新たな「生活」を営み始めた旧円盤、田口史人先輩. 三ツ沢に住んでた頃センパイが発刊してた「三ツ沢通信」から新しい「生活」に転じての名称変更. かと思ってたんですけど… 「円盤」の営業ルーティンの一部としての発刊からマイナーチェンジを繰り返し最終的には全国津々浦々の猛者による生活のヒント集までアップデートされた「ミツザワ通信」. ここに来てさらに、各ローカルのピンポイントdeヒント集になったような気がする「季刊黒猫」. [めちゃくちゃ色々ペーパー、冊子が入ってます!]

参加メンバー(円盤のインフォから)↓
「表紙造形物+写真:星野郁馬 / 浅田暢夫の写真 / 飯田華子の連続絵巻 / 上野茂都のポンチ絵ステッカー / 鹿子裕文の顔のある文章 / 喫茶アオツキの「純喫茶LOST & FOUND」 / 黒ダイヤ特区「RCS、AMS」 / 黒猫からの手紙七月五週 / 「紙を折る3」 / ケッチ石原のパイプ入門 / ささやんの「クロゴキブリ通信」 / 佐藤幸雄の「わたしたちはなぜ伝わったと思ってしまうのか」 / 佐渡島タガヤス堂の大崎通信 / スケサクの写真 / 鈴木啓之の「レコジャケの矜恃」 / 仙台よしぎの通信 / 台湾料理ごとうのレシピ c/w にこみちゃんのレシピ / タナカマンガ / ハロー通信(from広島) / 深浦亜希の絵 / 福田教雄(sweet dreams press) / 星野郁馬のポストカード / マメホコリ工房の粘菌ばなし / 見潮麻衣の「わたしのすきなひと」 / 村上巨樹のミャンマー音楽探訪録 / 安田賢一のコラム「ろっこうおろち」 / 柳家小春の「作曲家・藤井清水について」 / 湯浅学の盤句 / よしのももこの「ナーンチャッテ家族」」

- JPN: 黒猫 (new)
[08/05/2020-32]

[ZINE/お楽しみ袋]
型番 ER00104
販売価格

1,100円(税100円)

購入数

ショップについて

Fart Armer

●レコード、CD、音楽書籍、民芸品などの買取・販売をしております。
珍庫唱片//NGOO
準備室: 〒510-0086 四日市市諏訪栄町14-6 ROOK RECORDS内
[猟場・漁場情報および遊猟・遊漁時間につきましてはTwitter、InstagramなどSNSをご参照下さい]

Blog