Rachael Dadd / Flux [CD/New]

’19. ブリストル=日本を自由に動き回るSSW. Memphis Industriesへ移籍しての一枚目. この15年で「うた」を創作するソングライターの流れのなか、解のひとつだと思う. British Trad FolkからProgressive/Canterbury 60sのまといと柔らかくも力強く紡がれるメロディ. ぼくたちわたしたちの次の足を差し出すための羅針盤となりえる今作、さまざまな現状を踏まえた上で希望しか浮かばない. 日本版ボーナストラック1曲収録. 12Tracks.CD [レイチェル・ダッド / フラックス]

以下、レーベル・インフォより:
「UKの人気レーベル、メンフィス・インダストリーズへ移籍しての待望のニュー・アルバム。自然と社会への眼差し、多彩なリズム・ワークとメロディメイクの妙が結び合う最高傑作。

 2008年より日本をたびたび訪れて隅々までツアーをして回り、日本人ミュージシャンとの数々のコラボレーションや交流を重ねたことから、その愛らしいキャラクターや、さらには美しい刺繍作品も含め、とりわけ日本国内ではファンの多い、UK、ブリストルを拠点とするシンガー・ソングライター、レイチェル・ダッド。彼女の6作目となる待望のニュー・アルバムは、ザ・ゴー!チームやトーキョー・ポリス・クラブ、フィールド・ミュージックといったインディー・ロック・アクトや、レイチェル・ダッド自身とも親交の深いロージー・プレインらのリリースで知られるUKの人気レーベル、メンフィス・インダストリーズよりリリースされるというビッグ・ニュースと共に届けらました。

 鳥のさえずりを思わせる細かなバンジョーのストラム、ブリティッシュ・トラッドやカンタベリー・ロックの血統を感じさせる田園世界……、彼女のトレードマークでもある音楽性はもちろん、前作『We Resonate』から大きく歩み寄った多彩なリズムワークへのアプローチや、クラリネットやサックス、フリューゲルホルン等の管楽器やピアノを加えたカラフルなアンサンブルは、本作の特別な輝きと流れ(Flux)の核心と言えるでしょう。

 プロデューサーにローラ・マーリングとの仕事で知られるマーカス・ハンブレットを迎え、エマ・ガトリルやケイト・ステイブルズといったなじみの面々だけでなく、ポーティスヘッドのジム・バーやロウ・チャイムズのロブ・ペンバートンといった強力な演奏家をバックに、いわゆる女性シンガー・ソングライター作品というステレオタイプなイメージを離れて大きくスケールアップした本作は、彼女の生活の中から生まれた問いかけやメッセージ、プロテストも浮かべ、じっくりと対峙して共に考えを深めていきたくなるような最高傑作として実を結びました。」

- JPN:Sweet Dreams Press(new)
[12/9/2019-50]

[FOLK/SSW]
型番 XZ00178
販売価格

2,420円(税220円)

購入数

ショップについて

Fart Armer

●レコード、CD、音楽書籍、民芸品などの買取・販売をしております。
珍庫唱片//NGOO
準備室: 〒510-0086 四日市市諏訪栄町14-6 ROOK RECORDS内
[猟場・漁場情報および遊猟・遊漁時間につきましてはTwitter、InstagramなどSNSをご参照下さい]

Blog