Chris Cohen / s/t [CD/New]

'19. Deerhoofを離れてからひと周り、ソロとしては3枚目となる今作. 下地に60年代〜70年代のRock/Popsのプロットがあること、ひと周り. 落ち着いた口調で巧みな縄使いを魅せるソフト・ロック的指向の人懐っこさとどこか物悲しさの並走は、なんだか欧米に追いつけ追い越せしてた70年代〜80年代の職人堅気な日本のポップスのようでもあり、人ごとじゃない気がしてくる. 窮屈な現世に見てしまう白昼夢に見事なまでに寄り添いそうな作品. 日本盤ボーナストラック収録. このライヴがめちゃくちゃいい. 11Tracks.CD [クリス・コーエン / s/t]

以下レーベル・インフォより

「ディアフーフを離れ、着実にソロ・キャリアを積み上げるクリス・コーエン待望の3作目
苦悩と喪失の物語がサイケデリックに重なる、哀しみのソフト・ロック・アルバム。

 2年の歳月をかけて自身の生活の場である米ロスアンジェルス、リンカーン・ハイツの自宅とグレンデールのトロピコ・ビューティーで制作されたクリス・ コーエン待望のサード・ソロ・アルバムを、ボーナス・トラックと盟友ロビン・ペックノールド(フリート・フォクシーズ)が手がけたライナー・ノーツを加えた特別仕様でスウィート・ドリームス・プレスからお届けします(米原盤:キャプチャード・トラックス)。

 ほぼ自身の多重録音で完成された過去2枚のアルバムと異なり、サックス奏者のケイシー・ヌードセンや映画音楽作家として知られるジェイ・イスラ エルソン、共作者にディア・ノラのケイティ・ダヴィッドソンやザック・フィリップスら多彩なゲストが参加して、これまで以上に広がりのあるアンサンブルを 実現した本作は、薄日が射すようなサイケデリックな音像と溶けるようなメロディーをたずさえ、ひときわ大きな高みへと到達しました。

 本作制作中のトピックとして、両親の離婚、とりわけ父親がゲイであることをカミングアウトしたことを彼も告白していますが、その苦悩と喪失の物語を半透明のレイヤーに重ねつつ、しかし本作は個人的な経験を乗り越えたコーエン自身の成長や人生への大きな眼差しが感じられるポジティブなシンガー・ソングライター・アルバムとして結実しました。

 レコード産業に携わる父親とブロードウェイ女優の母親を持つ恵まれた音楽環境もあり、幼少期から楽器を手にしてきた彼だけに、ゾンビーズやフリート・ウッドマックなど60〜70年代のエッセンスは身についたもの。さらに彼はそこに魔法のツイストをかけ、桃源郷のような哀しみのソフト・ロック・ アルバムをつくりあげます。インディー・ロックなるサブジャンルにくくられない、ポップ・ミュージックが本来たたえていた精巧さや尊さを本作からぜひ受け取ってください。」

- JPN:Sweet Dreams(new)
[06/18/2019-25]

[ROCK/POPS/SSW]
型番 XZ00073
販売価格

2,160円(税160円)

購入数

ショップについて

Fart Armer

●レコード、CD、音楽書籍、民芸品などの買取・販売をしております。
珍庫唱片//NGOO
準備室: 〒510-0089 四日市市西町8-16
[猟場・漁場情報および遊猟・遊漁時間につきましてはTwitter、4sqなどSNSをご参照下さい]