イ・ランと柴田聡子 / ランナウェイ [CD/New]

'19. 韓日ふたりのSSWによる双頭ツアーにより産み出された傑作コラボ. 今作の良さは鼻歌の延長線上にある日常的趣きだと. 天才な上に天真爛漫さが印象的なイ・ラン女史と何をやっても満点以外出さない存在の柴田聡子女史. お二人のパーソナリティの滲み出たコラボが転がり行き着くタイトル曲のピアノ独奏. もう一人の才能イ・ヘジ女史によるところの大きい「の終り」と「の途中」の丁度、間を往く感じ. 脱帽と言うより、温湯に浸かり続けたい趣き. おすそ分け感のありがたみ. 正味の話、助かります. 6Tracks.CD

インフォより:
「2016年11月に敢行した双頭ランナウェイ・ツアーに実った甘い甘い果実、イ・ランと柴田聡子、韓日を渡って交歓した言葉とメロディの魔法をついにお届けします。
 2016年11月に全国7都市を巡り、文字通り立錐の余地もない満員のオーディエンスの前での爽やかなキッスと共に笑顔で終わったイ・ランと柴田聡子のランナウェイ・ツアー、実はその続編としてツアーの翌月にイ・ランが密かに来日、ふたりでレコーディングを敢行したコラボレーション音源がようやく完成しました。
 ツアー時のハイライトだった共作曲「Run Away」はもちろん、ふたりのハーモニーがらせん状に空高く舞い上がるリリカルな新曲や、ツアーとお互いを名残惜しむような「バカ 漏斗」、さらに道中に食べたあれこれを掛け合ったユーモラスな「おなかいっぱ〜いです」まで、涙あり笑いありの旅のお土産としてだけでなく、音楽家としてのふたりの相性の良さ、国境を超えた言語感覚の親和性と化学反応、アプローチの違いも感じられる充実作となりました。
 さらに自身もシンガーソングライターとして、また実力派セッション・ミュージシャンとしてランナウェイ・ツアーでもイ・ランの音楽面を支えたイ・ヘジも参加、「何気ない道」でのメロディアスなチェロ、「Run Away」に落ちる水滴のようなピアノや、自身がアレンジしたエンディングのインストゥルメンタルと、本作に美しい彩りを添えています。
 なお、ブックレットには、イ・ラン、柴田聡子両名が綴ったエッセイを日韓バイリンガルで掲載、同じ体験=ツアーを通り抜けたふたりそれぞれの豊かな感性と視点の差、お互いへの想いや特別な友情の形も読み取っていただけるでしょう。
 なお、本作は初回完全限定盤となります。今後さらなるふたりの逃避行を期待しつつ、お買い逃しのないようお楽しみください。ソールドアウト公演が多かったランナウェイ・ツアーですが、惜しくも見逃された方も本作でご参加いただけます。」

- JPN:Sweet Dreams Press(new)
[02/19/2019-07]

[POPS/日本のポップス]
型番 XZ00034
販売価格

1,728円(税128円)

購入数

ショップについて

Fart Armer

●レコード、CD、音楽書籍、民芸品などの買取・販売をしております。
珍庫唱片//NGOO
準備室: 〒510-0089 四日市市西町8-16
[猟場・漁場情報および遊猟・遊漁時間につきましてはTwitter、4sqなどSNSをご参照下さい]