小川さくら / 日々 [CD/New]

'19. 京都在住SSWの処女作. 日々の生活臭が乾いてモノクロームの濃淡鮮やかにコマ送りで耳から飛び込んできては身体の端々へと染み込んでいく. 小津映画の一コマ、人生の悲喜交々. 名うてのバッキングが支える屋台骨のアレンジメントの緩急の粋とてかつて職業作家が作りだしたスリルのようなものを軽く跨いでいった. ブラジルの大衆音楽とカクテルJAZZ、淡いようで濃い色の粒、流れ. ここぞで現れる声の壁. そして、それはまたそれぞれの生活に還っていく. 10Tracks.CD

インフォより:
「 円盤が送る久々の女性シンガー、ニューカマー。URCの諸作に通じる生々しくも奧のねじれた表現方法(特に言葉の生活感とその譜割の異常さのズレは不思議)で紡がれる歌、それをさらりと聞かせるヴォーカルの技術にはハッとさせられます。元々合唱をやっていたことが大きく影響した一人多重録音によるコーラスの分厚さも武器で、彼女のデモでは全曲に執拗なコーラスが重ねられ、ほとんどコーラス・グループの体でしたが、このデビュー作では楽曲の良さを重視した編集がされています。
 アレンジャーにはかつて京都で細胞文学という稀代のデュオ(その元相方は現在Gofishでチェロを弾き喫茶ゆすらごを運営している黒田誠二郎)をやっていた斉藤友秋を迎え、彼のギターと、ケバブジョンソンのベーシスト橋本悠、そして沖縄在住の凄腕ピアニスト香取光一郎(PAAP、泊...etc)というバッキングで録音された味わい深いアルバムになりました。
 京都在住ながらほとんどライヴをしていないので、表立った話題にのぼることもありませんが、自信を持って推薦できる逸材です!!」

- JPN:円盤(new)
[01/25/2019-03]

[日本のポップス/日本のフォーク]
型番 ER00020
販売価格

1,620円(税120円)

購入数

ショップについて

Fart Armer

●レコード、CD、音楽書籍、民芸品などの買取・販売をしております。
珍庫唱片//NGOO
準備室: 〒510-0089 四日市市西町8-16
[猟場・漁場情報および遊猟・遊漁時間につきましてはTwitter、4sqなどSNSをご参照下さい]